通販サイトのラインナップ

人気の安いバナースタンドの種類

お店の宣伝やイベントの案内などに使用するサインとして、最近注目されているのが安いバナースタンドです。安い価格で制作でき、しかもサインとして大変目立つため、人気が高まっています。基本的には垂れ幕のようなバナーにオリジナルな印刷を施して、立てておく宣伝看板ですが、種類が色々ありますからご紹介します。
まず一般的に室内でよく使われているタイプは掛け軸タイプのもので、垂れ幕の上下にバーが入っていて、立てかけておけるものです。上部はバーで固定し、下部にスタンドをつけて立てる形状のものが一般的です。簡易的な作りであるため費用が抑えられ、しかもアイキャツチとして目立つため宣伝効果は抜群です。
バナーをしっかり固定したい場合には、ハトメ式のバナースタンドが最適です。バナーの四隅をハトメで固定するため風でなびく心配がなく、屋外でも使いやすいタイプです。遊具の凧のようなスタイルに、スタンドがついています。
収納が楽にできるタイプとして人気なのが、ロール式タイプのバナースタンドです。窓際に使用するロールスクリーンと同様の形状で、必要な時にだけ使用する場合などにも大変便利です。以上は、人気が高い安いバナースタンドの一例です。使用目的に合わせて、安いバナースタンドを検討してみてはいかがでしょうか。

激安価格のネット通販

飲食店はじめ各種の店舗を見ると、室内でも室外でも様々な宣伝用のバナーが使用されています。例えば飲食店であれば、美味しいそのお店のメニュー写真がアップで印刷されたバナーをよく見かけます。それらはスタンド看板と呼ばれますが、その中でもバナーに印刷して表示するタイプのものは、バナースタンドと言われています。
このバナースタンドの場合、特殊な布にプリントが可能であるため、オリジナルな看板づくりに役立ちます。そして印刷代を含めても、比較的安く制作できるため、最近は大変人気があるスタンド看板です。今回は、この安いバナースタンドの価格について詳しく見てみましょう。
まずバナースタンドの費用は、本体の価格と印刷代に分かれています。本体はスタンドの形状や布の種類、大きさなどで価格が違ってきますが、シンプルなタペストリー型のものは最も安いバナースタンドとして人気があります。この場合は、本体のみであれば2~3千円という低価格のものもあり、これに印刷代として5千円~1万円程度プラスした価格で制作が可能です。印刷費用は加工の違いなどで上下します。
同じ安いバナースタンドでも、ロールスクリーンタイプは本体が少し高く、5千円~2万円程度となっており、同様に印刷代がプラスされます。いずれの場合も安いバナースタンドを探す場合は、看板類を激安価格で扱っている業者をネット通販で探して作成する方法がお得です。

おすすめ記事

人の目を引く宣伝媒体

バナーで高い集客効果 新聞の折込チラシにかかる費用をご存知ですか。最も大きいA3サイズの物を使おうとすると、3万以上余裕でかかります。しかも、1度見ただけで片付けられてしまう場合が多く、リスクが高いやり方と…

もっと読む

目的に適した立て看板

豊富なバリエーション バナースタンドは、企業のロゴや商品名、イベント名などをプリントすると、高い宣伝効果があり、他の広告手段に比べ安いというメリットがあります。安いバナースタンドの魅力は色々あり、一つは軽い…

もっと読む

ネット通販で気にしておくポイント

安いバナースタンドを注文するにあたって 最近では、お店の外にあるバナースタンドというのが多くあります。バナースタンドとはどういうものかというと、簡単に言えばお店の広告を看板にしたようなものです。それを外に置…

もっと読む

通販サイトのラインナップ

人気の安いバナースタンドの種類 お店の宣伝やイベントの案内などに使用するサインとして、最近注目されているのが安いバナースタンドです。安い価格で制作でき、しかもサインとして大変目立つため、人気が高まっています…

もっと読む